相場より高く携帯を買取してもらう方法

携帯は高額な買取査定額がつく場合がよくあります。ガラゲーなどはもちろんですが、特にiPhoneなどのスマートフォンはビックリするくら高額な査定となる時があります。状態が良ければ新品で購入した際の価格か、もしくは携帯メーカーが設置した定価以上の買取額となる場合もあります。逆に汚れついたり、付属品がいくつも不足するなど、中古携帯販売店が再販する際の条件を満たしていない場合には査定額が付かない場合もあり、中には査定額が全く付かない時もあります。査定の専門店に相場よりも少しでも高くスマートフォンなどを買取してもらうためのポイントがいくつかありますが、ここでは専門店に相場よりも高く査定してもらうためのポイントをかなり詳しく説明したいと思います。

本体が綺麗な事が最大のポイントです

スマートフォンなどを高い価格で査定してもらうための1番のポイントは画面割れをしていないなど、機種本体の状態が1番のポイントになります。スマートフォンなどは機能面はもちろんですが、見た目もかなり大切になります。そのため販売店は傷がある場合には修復して再販することになります。修復する代金ですが、本来のスマートフォンの価格から差し引かれることになります。仮に本来の査定額が100000円で、修理費用が50000円かかる場合には差し引かれた50000円が査定額となります。そのためスマートフォンなどをできるだけ高い額で査定してもらいたい場合には、保護フィルターや本体を保護するカバーを付けるなどして、できるだけ本体を傷つけないようにする事が1番大切なポイントとなります。

付属品や箱も大切な商品になります

スマートフォンなどは新品で購入した際には、本体以外にも、イヤホンや充電ケーブルなどが付属品として付いています。さらに箱には製品ごとにシリアルナンバーも記載されています。マニアにとっては付属品や箱にもこだわります。特に箱のシリアルナンバーにはこだわりを見せる人も中にはいます。そのため全てを揃えないと高額査定とならない場合がほとんどです。付属品が一つ不足すると500円から1000円程度査定額が下がります。また箱がない場合だと最大10000円程度下がる場合もあります。付属品や箱も立派な商品であるので、本体同様に綺麗な状態で保管しておく必要があります。少しでも高い価格で査定してもらいたいのであれば、付属品や箱も綺麗な状態で専門店に出す必要があります。